第2回 iPadで初MIX…の前に、準備。

iPhoneやiPadといったスマホやタブレット端末をターンテーブルやコントローラの代わりにしてDJできないか…?

と考えて行き着いたのがTRAKTOR DJ for iPadでした。(ここまで、前回のあらすじ)

さて、では今回はiPadでDJしますよ〜! やっほう!

てなわけで、前回購入したTRAKTOR DJ for iPadを起動します。

ちなみにこのアプリ、iPhone版も別売りであるみたいです。どうして持っていう人はそっちでも良いかもしれませんね。
TRAKTOR DJ for iPad Screenshot1

……おお、なんかかっこいい。そしてしばらく待つと映像が流れます。(初回起動時のみ)
それが終わると…?

TRAKTOR DJ for iPad Screenshot2

デデーン!

おお! なんかでた!
…あれ、でもターンテーブルは?

よくよく見てみると、これは波形のみを表示するタイプのよう。それに加えて…全部英語!
これには参りました(笑)

とりあえずなんかいじってみます。左上のプラスボタンを押してみます。
すると…なんか出てきた!

TRAKTOR DJ for iPad Screenshot3

これ、曲を選択してインサートする画面らしいです。と、いうわけで曲を選んで…あれ、この曲どっかで見たことあるなぁ…そうか、これiPadに入ってる曲だ!

そう、このソフトはiPadに入っている曲やドロップボックスに入れておいた曲を読み込むことが出来るんです。プレイリストも表示されるから楽ちんですね。

ではさっそく、Daniel Kandiの2曲を読み込んでみて…

TRAKTOR DJ for iPad Screenshot4

読み込み中………

長 い !

曲について分析してくれてるんですね。
ようやく終わりました、ふぅ…。

TRAKTOR DJ for iPad Screenshot5

 

なんだか、それっぽい感じですね。真ん中上の「68.5」というのはBPMかな?
右上のSYNCっていうのはテンポシンクのボタンのよう。その右は…

TRAKTOR DJ for iPad Screenshot6

テンポ設定がここで出来るようです。この曲は137BPMなので、それに合わせます。自動解析だと68.5って検出されてるみたいですね。

さてさて、下の曲はっと…

あれれ、92? 自分の記憶だと130ぐらいだったと思うんだけどなぁ…
んん?「TAP MODE」っていうボタンがあるじゃないか!これだ!

再生しながら、「TAP MODE」のボタンを押すと、ボタンが出てきて…

TRAKTOR DJ for iPad Screenshot7

トン、トン、トン、トン…
4拍分打ち込むと、そのテンポに近いテンポになるよう分析し直してくれました!

TRAKTOR DJ for iPad Screenshot8

これで全ての準備は整った…いざ! ミックス!

 

注:スクリーンショットはTRAKTOR DJ for iPadより引用しました

SNSでもご購読できます。

最近のコメント

    アーカイブ

    コメントを残す